Biography

Japanese



モレノ・ブッソレッティは、アコーディオン作りのメッカとして世界的に有名なイタリアのカステルフィダルド近郊で生を受ける。

11歳からイタリアの名門ジョアキーノ・ロッシーニ公立音楽学校で音楽家としての教育を受け、ピアノの学位を取得。その後、エジリオ・マーケッティ学校にてアコーディオンの学位を取得する。ローマにあるテスタッチョ学校ではジャズピアノを学ぶ。
 
モレノは15歳からプロの音楽家としての活動を始め、その洗練された技術とパフォーマンスは世界各国で絶賛された。
以来、多くの才能ある音楽家達とのコラボレーション、テレビ出演やレコーディングなどを世界各地で行っている。演奏活動を通して各国の文化に触れ、様々な人々と出逢うこともまたモレノの輝かしい歩みを支える大切な1ページである。



English Text

Bussoletti was born in Italy near Castelfidardo,
an area considered to be the world capital of accordion making. He began his musical education at age eleven,
studied at the Gioacchino Rossini Conservatory
and received a degree in pianoforte.
Moreno also holds a diploma in accordion playing
from the Egidio Marchetti School.
At the Testaccio School in Rome he studied jazz piano.
Moreno's professional career began at 15.
Since then he has performed in many parts of the world. Teaming up with musicians, enjoying collaborations
as well as different cultural environments
are all part of Moreno's success story,
which includes appearances on TV and studio recordings.
Gioacchino Rossini Conservatory: www.conservatoriorossini.it

Sad Eyes - Moreno Bussoletti
00:00 / 00:00

© 2019 by Moreno Bussoletti